マネースクエアのFX取引システムをフルリニューアル

2019年05月27日 製品・サービス

~オンメモリトランザクション機構による約定執行性能の向上~

~ディーリングシステムの機能強化および収益機会の最大化~

~高機能取引チャネルを活かしたユーザビリティ向上の追求~



シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、このたび株式会社マネースクエア(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井靖之、以下:マネースクエア)が 提供するFX(外国為替証拠金取引)サービスの新しい取引システムとして「SimplexFX(シンプレクス・エフエックス)」が採用されたことをお知らせします。新システムは、『マネースクエアFX』という新しいサービス名称で 2019年5月26日より稼動を開始しています。

FX取引システム刷新背景

マネースクエアは、ミドルリスク・ミドルリターンを取り入れた中長期的な資産形成を目指すお客様層に対して、同社が特許を持つ発注管理機能である「トラリピ」のテクノロジーと、「トラリピ」を十二分に活かすための投資家教育を強みとしたFXサービスを提供するFX事業会社です。マーケットボラティリティを活用したお客様の資産成長の機会を提供する顧客本位のFintech企業を目指し、FX取引システム(カスタマーシステムおよびディーリングシステム)の刷新を決定しました。

本案件では、10年以上に亘るシンプレクスのFXシステム開発・運用実績とともに、現行システムからの大幅な性能向上と拡張可能なアーキテクチャが評価されました。さらに、シンプレクスの一般投資家向け高機能取引チャネルをベースとして、昨今のスマートフォンを中心とした利用シーンで「トラリピ」を分かりやすく思い通りに操作するためのユーザビリティを追求し、カスタマイズ対応できる点も評価され、「SimplexFX」が採用されました。

FX取引システムの特長

(1)オンメモリトランザクション機構による約定執行性能の向上

カスタマーシステムにおけるオンメモリトランザクション機構の採用により、従来からの業務処理ロジックを活かした安定性を確保しつつ、大幅な約定執行性能の向上を実現しました。また、従来からの分散プロセス機構に加えて、シンプレクスのクラウド環境上でのインフラ仮想化技術の採用により、事業拡大に伴う将来のキャパシティ不足に対しても迅速に性能拡張を図ることが可能となりました。


(2)ディーリングシステムの機能強化や外部拡張性の向上による収益機会の最大化

カスタマーシステムと併せて導入されるディーリングシステムとのシステム間連携において、シンプレクスの独自メッセージング基盤である「Galaxy」を採用することにより、大幅なレイテンシ(処理速度)の極小化を実現し、事業者のポジションカバーリスクの低減を図りました。また、ディーリングシステムにおいてマネースクエア独自開発のアルゴリズムエンジンとの統合を可能とし、「トラリピ」に係るマネースクエアのディーリングノウハウを継承した収益機会の最大化をサポートします。


(3)高機能取引チャネルを活かしたユーザビリティ向上の追求

シンプレクスの一般投資家向け高機能取引チャネルをベースとして大幅なカスタマイズを実施することにより、「トラリピ」を中核としたユーザビリティの向上を最大限に追求しました。また、一般投資家の利用導線上のボトルネックをモニタリングできる機能も取り入れており、継続的かつ迅速なユーザビリティ改善をサポートします。


FXプラットフォーム「SimplexFX」の特長

「SimplexFX」は、一般投資家向け取引システムとして求められる耐障害性と信頼性を備え、FXビジネスに必要なあらゆる機能をオールインワンでASP提供するFXプラットフォームです。本プラットフォームは、(1)ユーザビリティを追求した一般投資家向け取引チャネル、(2)適切な業務運用を支援する業務管理機能、(3)収益最大化に貢献するアルゴリズムエンジンを搭載したディーリング機能から構成されています。FXビジネスの業務・システムに精通した経験豊富なエンジニアが、要件定義からシステム構築、24時間365日体制の運用保守を一気通貫で支援することにより、国内20社以上のFXシステム導入プロジェクトで培ったベストプラクティスを提供しています。

このニュースをPDFでダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-3539-7370

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る