サイバーエージェントFXからディーリングシステム開発を受注

2014年02月10日 製品・サービス

シンプレクス株式会社(URL:www.simplex.ne.jp/、本社:東京都中央区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、株式会社サイバーエージェントFX(URL:www.cyberagentfx.jp、本社:東京都港区、代表取締役社長:伊藤雅仁、以下:サイバーエージェントFX)が提供する外国為替証拠金取引(以下:FX)サービスにおけるディーリングシステムとして、「SimplexFX(シンプレクス・エフエックス)」が採用され、今春より稼働予定であることをお知らせします。

サイバーエージェントFXは、お客様のご要望やトレードスタイルにあった最高の取引環境の提供を通して、FX市場世界第3位の取引高(※)を誇る業界大手のFX事業会社です。2013年1月には「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフー株式会社の100%子会社となり、「ユーザーファースト」の視点でサービスやシステムの改善を重ねることで、お客様から高い支持を獲得しています。

本システムの受注においては、シンプレクスの金融工学エキスパートによる収益改善に向けた質の高いディーリング・コンサルティング、及び、アルゴリズム・トレーディングやスマートオーダールーティング(SOR)に対応した先進のディーリング機能が評価されました。加えて、サイバーエージェントFXがサービス提供する取引所取引「くりっく365」、及び、店頭通貨バイナリーオプション「オプトレ!」における、シンプレクスのシステム開発・運用実績も評価されました。

「Simplex FX」のディーリング機能の主な特長

(1)対顧レート配信およびカバー注文執行の高速化

シンプレクス独自開発の高速金融取引プラットフォーム技術を採用することで、ディーリングシステムの高速化を実現。対顧レート配信レイテンシーの向上により、実勢と乖離したレートでの顧客約定リスクを回避します。さらに、カバー注文執行レイテンシーの向上により、カバー執行時のリジェクト率を低減します。

(2)スマートオーダールーティング(SOR)実装によるカバー注文最良執行

複数カウンターパーティからの複数バンドの配信レートをもとに、カバー注文を最小コストで執行できるパターンを瞬時に判断、カバー注文を自動で分割/発注します。これによりカバー注文の最良執行を実現します。

(3)機動的なディーリング戦略を可能にするアルゴリズムエンジン

FXシステムのリーディングカンパニーであるシンプレクスがこれまで培ってきた、高度なディーリングノウハウを投入したアルゴリズムエンジンを搭載しています。対顧レート生成、カバーモデル、約定ロジック、カバーロジックなど、各FX事業会社独自のアルゴリズムの設計が可能です。

加えて、「SimplexFX」の料金体系においては、システムがもたらすディーリング収益に連動した成功報酬型の月額課金を基本プランとしています。システム稼働後においても、シンプレクスがFX事業会社のディーリング収益の最大化に持続的にコミットすることで、お客様の戦略パートナーとして、Win-Winの関係を構築していくことを目指します。

※出典:FOREX MAGNATES (2013年 年間取引高ランキング)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-3539-7370

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る