バイナリーオプション取引システムのクラウドサービスを提供開始

2013年09月24日 製品・サービス

株式会社シンプレクス・コンサルティング(URL:http://www.simplex.ne.jp/ 、本社:東京都中央区、代表取締役社長:金子英樹)は、バイナリーオプション取引システムのクラウドサービスを新たに開発し、総合証券、ネット証券、ネット銀行、外国為替証拠金取引(FX)事業者などの金融機関を対象にサービス提供を開始します。

本サービスは、すでに国内大手FX事業者である株式会社サイバーエージェントFX(URL:http://www.cyberagentfx.jp、本社:東京都港区、代表取締役社長:伊藤雅仁)に採用されており、店頭通貨バイナリーオプションサービス『オプトレ!』として、2013年9月24日より稼働しています。

バイナリーオプション(Binary Option)とは、オプション取引の一種で、一定時間後のマーケットを二者択一で予測して投資を行う金融商品です。バイナリーオプションを提供する金融機関も近年増加しており、個人投資家の資産運用における選択肢の幅を拡げる金融商品として注目されています。

バイナリーオプション取引システムのクラウドサービスの主な特長は以下の通りです。

個人投資家のニーズを汲み取った取引環境、ユーザインタフェース(UI)を実現

本サービスは、次世代の標準Webプラットフォームとして注目を集めているHTML5に対応しています。そのため、エンドユーザである個人投資家に対して、PCからだけでなく、スマートフォンやタブレットからでも取引ができる快適な投資環境を提供します。加えて、本サービスはレート配信以外にも、イベント・業務通知、チャートの描画もリアルタイムに配信することを実現しました。また、標準APIの導入により、取引チャネル追加を早期に低コストで実現することが可能です。

適切な業務運用のための各種管理機能を実現

高度なオプション計算をTick by Tickに行う高速なプライシング機能や各種リスク指標をリアルタイムに表示する機能などを実現しています。また、専門コンサルタントが各種管理モデルの構築から法令対応までをトータルサポートします。

本サービスは、成功報酬型課金を採用した月額料金体系を基本プランとしています。金融機関の収益向上に連動した課金制度のため、ユーザ数、出来高、収益などに応じて、金融機関ごとに個別に設定されます。これにより、金融機関の投資コストの低減と収益力の最大化に貢献します。

サイバーエージェントFX店頭通貨バイナリーオプションサービス『オプトレ!』取引画面

オプトレ取引画面

スマートフォンオプトレ取引画面

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-3539-7370

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る