世界の金融IT サービス企業ランキング「FinTech100」を受賞

2013年11月07日 メディア掲載

株式会社シンプレクス・コンサルティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、米国の金融専門メディア「American Banker」、「Bank Technology News」、および金融サービス企業IDC Financial Insightsが発表した、世界の金融ITサービス企業の売上高上位100社ランキング「FinTech100」において、2013年の65位を受賞しましたので、お知らせいたします。

「FinTech100」は、金融関連事業の収益が全体の1/3以上を占める全世界の金融ITサービス企業を対象として毎年秋に実施されるランキングです。エントリー企業に対する調査に加えて、IDC FinancialInsightsが独自に行う研究や市場分析に基づき、前年度の収益とそれに占める金融ソリューションの割合をもとに上位100社が選出され、金融ITサービス業界のベンチマークとなっています。

シンプレクスは、金融機関が収益最大化のためのIT投資を行う分野を「金融フロンティア領域」と定義し、この領域に特化した金融ITソリューションを提供しています。

キャピタル・マーケット分野においては、大手証券8社に採用される債券フロントシステムをはじめとして、あらゆる金融商品をカバーしたディーリングアプリケーションを提供しています。また、リテール分野においては、最先端のディーリングエンジンを搭載したFX(外国為替証拠金取引)システムの提供において、国内No.1のマーケットシェアを誇っています。

今後もシンプレクスは、グローバル競争力を有する高度な技術力と豊富な金融ノウハウを駆使して、金融機関の収益最大化に貢献する金融ITソリューションの提供を目指してまいります。

「FinTech100」の詳細
http://www.idc-fi.com/services/fintech100.jsp (英語サイト)

ランキング
http://www.americanbanker.com/fintech100/ (英語サイト)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-3539-7370

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る