国際スワップデリバティブ協会(ISDA)に加盟

2014年03月24日 お知らせ

シンプレクス株式会社(URL:www.simplex.ne.jp 、本社:東京都中央区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、2014年4月1日よりデリバティブ取引に関する国際協会である「国際スワップデリバティブ協会(International Swaps and Derivatives Association以下:ISDA)」に加盟することをお知らせします。

背景・目的

ISDAは、デリバティブ取引における業務標準化やリスク管理強化、及び、各国規制当局と連携した規制整備などを行っている国際協会です。2008年の金融危機を受け、国際協調的なデリバティブ取引における規制強化が進むなか、一層その存在感を高めています。

シンプレクスは、ISDA加盟により、デリバティブ市場の潮流を迅速かつ的確に捉えると共に、ISDA加盟機関との連携を強化することで、デリバティブ領域への一層の参画を図っていく方針です。加えて、デリバティブ取引に対応した自社ソリューション「SimplexPRISM(シンプレクス・プリズム)」における先進的な機能拡張に取り組むことで、更なるお客様満足度の向上を目指します。

国際スワップデリバティブ協会(ISDA)の概要

ISDAは、1985 年にニューヨークにて設立され、デリバティブ市場の主要参加者により構成される国際的な業界団体です。主として、デリバティブ取引を対象とした契約書の発展と維持、取引の効率的な締結のための市場慣行の促進、及び、健全なリスク管理体制の発展等を目的として活動しています。2014年1月現在、62カ国で合計約800社の機関が加盟しており、デリバティブ取引またはそれに関連した業務を行う世界の主要金融機関、事業法人、政府系機関などにより構成されています。

「SimplexPRISM」の概要

「SimplexPRISM」は、トレーディングからリスク管理までの一連の市場取引業務をカバーするキャピタルマーケットソリューションです。200種類以上の商品に対応し、PFE/CVAなど先進のリスク管理機能もお客様の課題レベルに合わせて部分導入が可能です。また、海外拠点へのグローバル展開などマルチエンティティ導入にも対応し、お客様のビジネスの成功に貢献します。

「SimplexPRISM」カタログダウンロード

このニュースをPDFでダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-3539-7370

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る